初韓国おしゃれリポート | yoko yonezawa illustration cafe
back to Menu
1.ファッション&ショッピング
ファッション
ヘアスタイル、トップス、ボトムス、足もとの分量がカギを握る韓流おしゃれ
黄金比率
気温は23度くらいで日本より少し高いくらいだったのですが、
ナマ脚スタイルがとても多かった。
トップスはシャツ、ロングT、パーカなどにボトムスはホットパンツなどの
ショート丈かロングのスキニーが主流。
上ダボ下ピタッの今どきシルエットのひとつですね。

で、とにかくナマ脚。何しろナマ脚。
制服の女子もくるぶしまでは必ずナマ脚。

さすがにマダムはどーよ?と見渡すと、超ミニはいませんが、ひざ上までは出している。

なんだかさわやか!
ウオッチング
マダムな私はレギンスを履いてやってきたのですが、
「隠すもなにも、普通に出せば?ナマ脚ですが何か?」
という心意気を感じたもので、それに倣い、恥ずかしさとレギンスを投げ出し、
ナマ脚で行動できたのは、快適でした!

できればナイロンの感触がない方が気持ちよいけど、
だからといって、このみっともないわが脚を、
人サマの前にさらけ出してはいかがなものか。
このように怯え、勇気もなく、レギンスを履いてしまいます。

でもこうやってトータルのバランスを優先し、なるべく脚をすっきりさせる。
そうすれば全体にまとまって見え、
ナマ脚だけ極端にクローズアップされないんですね。
ショッピング
「パリ流」でOK!
つまり、「たくさん試着するが、めったに買わない」パリジェンヌ方式です。
トータル17着ほど試着して、買ったのは1枚のみでした。

店員さんも、一緒に着せ替えショー(?)を楽しんでいるカンジがわかり、
とっても楽しい時間でした。

「これはどう?」とストックを持ってきてくれたり。
スタイリングを提案してくれました。

Yも試着しまくり、結果買わず。
でも店員さんと和気あいあいで満足げ。

おしゃれ大好き女子同士、交流している、そんな時間です。
あれこれ検討して、
似合って、値段も予算内で、気に入って、必要を感じたら買います。
いずれにせよ素敵な時間を過ごせたお礼を、
シンプルに「カムサハムニダー」と言えば、ちゃんと気持ちは通じるんです。

top sep 1 2 3 4 5 sep 次のページ